さよなら幼稚園、修了式は欠席。

  

幼稚園年長の息子は、結局今年に入ってから一度も幼稚園には行くことはなかった。

  

さすがに、謝恩会や修了式は出ないといかんだろう、などと

私は考えていたのだが、息子はそれすら行きたくない、と言った。

なんとか説得して連れ出すことは出来たかもしれないが、

もはや私も幼稚園にはなんの義理も感じていなかったので

じゃあ、出ないでいいか、と欠席することにした。

  

修了式のある週の週始めに学校に用事があったので、

幼稚園にも顔を出して、修了式を欠席することを担任の先生に伝えた。

すると先生は、席を用意してぎりぎりまで待ってるから、

当日までよく考えてから決めてほしい、という旨のことを述べた。

で、「最終的に欠席の場合は当日の朝、電話してください」だって。

  

いや、私、欠席しますって、わざわざ言いに来たんですけど?

  

何故だかわからないけど、息子と私の意思だけでは

修了式は欠席させてもらえないらしい。

今日のところは持ち帰って、ご検討ください、みたいな?

  

狐につままれたような気持ちで、

たまりにたまった配布物などを持たされ帰路についた。

何しに来たんだか。

  

年明けてから、一度だけ提出物のことで連絡してきただけのくせに

なにが「待ってるから来てくれ」だ。

よくもまあ、心にもないことを言えるものだ。

  

結局、二度手間になってしまい、

腑に落ちない気持ちのところに幼稚園保護者のグループラインがきた。

見ると、「修了式後にPTA幼稚園部長と副部長に、感謝の花束を送ろうと思いますので、

1人60円ずつ負担してください」とのこと。

  

私はPTA辞めてるし、そうでなくても息子は幼稚園に行ってないんだから

なんの世話にもなってないよ?

だいたい、花を贈ることに同意もしてない。

こういう、「みんな協力するのが当然」みたいなのが、私は本当に嫌いだ。

 

  

うちの息子が幼稚園に行かなくなっても、

もちろん誰にも関係ないです。

幼稚園の行事は粛々と滞りなく行われなければならないし、

花束の代金は回収しなければいけない、のでしょう。

個人の事情なんて、考慮してたら社会が回らないから。

  

道で人が倒れていても、みんな知らん顔で早足で通り過ぎる社会って感じですな。

  

幼稚園に対して何か改善して欲しいとか求める気持ちはもはや何もない。

幼稚園に来ない子供に対して、先生たちができることは何もないは知ってる。

何かしてほしいとも思わないんだけどさ。

  

「行きたくない」って言ってる子供に対して、

「待ってるからきてね」と答えるのは、コミュニケーションが不全だと思うのだが。

  

ご飯を食べない子供に、食べなさいというのに似てる。

ご飯を食べないなら、まずは「何故食べないのか?」と聞くのが普通ではないか。

嫌いだから食べないのなら、好きな物、食べられる物を用意してあげれば

いいのではないだろうか。

それが無理なら、食べれる物だけ食べればよろしい。

そうすれば、みんなで楽しく食事が出来ます。

  

子供の「行きたくない」に対して、「何故来たくないの?」とは

幼稚園は決して聞きません。

そんなこと聞いても、何も出来ないし、する気もないから。

  

なんだか、入り口のないビルの周りを

どうやったら中に入れるのかと果てしなくウロウロ回っている感じだ。

  

修了式の当日、私は幼稚園に欠席の電話を入れた。

約束したからね。

そしたら、先生は「後日、園長先生から修了証書を渡す機会を設けます」とのこと。

今日電話があって、金曜の午後に来てくれなどと言うので、

園長先生からもらわなくていいから、今から取りにいってはダメ?と聞いたら、

園長先生からもらった方がいいから、と何故か押し切られてしまった。

  

なんか、話にならないのだ。

とても話が通じる気がしない。

この人に何を言っても無駄である、と思って私は黙ってしまう。

了承してしまう。

私の娘も、私に何を言っても無駄と判断すると黙り込む。

人が沈黙する時って、この人には伝わらないと諦めた時なんだな。

  

子供たちを、沈黙させないようにしたいものである。

この記事を書いた人

リョウコ

1974年生まれ。子供が2人と旦那が1人で、東京都在住。
詳しいプロフィールはこちら。