「ジモティー」を初めて利用して驚愕した話

 

「ジモティー」って知ってますよね?

 

中古品の売ります・あげますサイトです。

 

地域で検索できるから、

自分ちに近い所で交渉が成立すれば

輸送費がかからないすごくお得★な掲示板です。

 

私も知ってはいたのですが、

利用したことはなかったです。

 

先日、念願の電動自転車を購入し、

それまで使用していたnot電動自転車が不要になりました。

 

粗大ゴミの手配はすでにしたのですが

回収は1ヶ月先ですので、

その間に貰い手が見つかれば〜という軽い気持ちで

出品してみました。

 

(実際は私は全くやる気がないので、

おとーちゃんが写真を撮って、

「ジモティーで検索して!登録して!」と

隣で煽ってくるので仕方なく・・・という感じですが。)

 

新規登録して出品すると・・・

なんと1分で!

 

「譲ってくださーい!」とメールが来ました。

 

それでその人に受け渡しの日取りをどうするか?と

すぐにメールを送りました。

 

早くも譲り先が決まったー!

 

わーいわーい!

 

・・・と思っていたら、メッセージが次から次へ届きます。

 

「自転車、是非譲ってくださーい!」

「自転車、まだありますか?」

 

・・・などなど。30分で13件。

 

えええー、これ全部、返信しないといけないの?

やばいやばい、どうすればいいの?

 

「受付終了」というのをポチっとしないと、

どうにもメッセが止まらないようです。

 

急いで受付を終了しました。フー

 

結局、一番最初にメッセをくれた人に

明日の19時半に最寄駅で受け渡すことに決まりました。

 

なんという急展開。

 

電動自転車が颯爽と出現して以来、

ドナドナドーナードーナーという

BGMが流れていた我が(元)愛車に

新たな活路が示されたのだ!

(自転車的にはもう休ませてくれよーと思ってるかもですが・・・)

 

今回、譲渡価格ゼロ円だったから、

すごく反応があったんだと思います。

 

なにしろこの自転車、ブレーキのワイヤーがキレてるし、

前のカゴのボルトも一個抜けてる。

(明記してます)

 

粗大ゴミ処分費八百円が浮いて、

自転車にも第二の人生があると思えば

なんかすごくお得ですね!

 

しかし、13件来たメールに一つ一つ、

「すいません、他の人に譲ります」と返信をつけるのは

ほんと、めんどい・・・というか私の苦手な作業で、

これだけでいやんなっちゃう。

 

おまけに、その返信にすら、

「また何かあったらよろしく!」と返信をいただき、

こちらも律儀に

「是非にー!」などと応えてしまう・・・

 

つくづく、ドライになれない私は人間関係不得意。

 

あんまりのめり込まない方が良さそうですね。

 

しかし、ジモティーすげえな。

 

不用品がある方は一度ジモティーに出品してみるのも良いと思います!

 

この記事を書いた人

リョウコ

リョウコ

1974年生まれ。子供が2人と旦那が1人で、東京都在住。
詳しいプロフィールはこちら。