魚が病気になっちゃった!

魚の病気について調べてわかったこと

うちには二つの水槽がある。

 

一つの水槽には、クチボソ、タイリクバラタナゴ、ヨシノボリが

各1匹ずつ住んでいる。

 

もう一つの水槽には、アベハゼが6匹か7匹か住んでいる。

 

↑左がアベハゼ、右がクチボソたち

 

クチボソとヨシノボリは、

昨年11月に埼玉県のみさと公園の池で捕った。

 

タイリクバラタナゴは、

昨年12月に錦糸町の大横川親水公園で捕まえた。

 

そしてアベハゼは昨年の9月頃に浜町辺りの隅田川で捕まえたもの。

 

川魚を飼うのは、初めてなのでわからないことばかりである。

 

タナゴと一緒に捕ってきたヨシノボリ2匹は、

泥の中で冬眠中だったからか、水槽に入れて一週間くらいで

死んでしまった。可哀想に。

 

で、そのクチボソとタナゴがどうも病気のようである。

尾鰭が溶けて、ボロボロになってきた。

タナゴは上からみると傾いて泳いでいる。

 

どうしよう・・・、とインターネットで魚の病気などを調べてみた。

 

本当にインターネットは便利である。

 

魚たちはどうやら、ヒレが白濁して溶けてボロボロになる病気、

尾ぐされ病、という病気らしい。

 

魚の病気の主な原因は、

①水質の悪化

②餌のやりすぎ

③水温が低すぎる

以上の3つが考えられる、らしい。

 

クチボソなどの川魚は比較的寒さに強いから、

ヒーターは不要、とこれまたネットで得た知識を信じて

ヒーターを入れなかったのだが、やはり生き物は冬よりも春や夏の方が

活動的な訳で、快適な温度というものがある。

 

26度前後に自動で水温を調整してくれるヒーターを入れたら、

魚たちは活発に泳ぎ始めた。

 

特に、砂利の中に潜って出てこなかったヨシノボリさんが

ビュンビュン泳ぎまくっている。

 

寒さに凍えていたのね・・・。可哀想に。

 

次に水の汚れ。

 

これは、私が思う以上に、魚の健康に影響するらしい、

ということがわかった。

 

それまでも、水槽の水は2、3日ごとに半量くらいずつ替えてたし、

水槽や砂利なども10日くらいで洗っていたので

十分かと思っていたが、

川魚は「1に水換え、2に水換え」なのだそうだ。

 

魚が住む川や池の水は、流れがあって毎日、入れ替わっているってことを

考えると当然といえば当然だが。

 

ということで、毎日水槽の3分の1くらいの水を入れ替えることにした。

 

それから、餌のやりすぎ。

冬の間は、魚はほとんど絶食状態でも生きていける、らしい。

 

私は毎日のように、乾燥イトミミズを与えていた。

クチボソがよく食べるから、お腹空いてるのかと思っていたのである。

反省して、とりあえず一週間は絶食しようと決めた。

 

生活環境はだいぶ改善されたのではないだろうか。

改善されたと信じたい。

 

その上で、病気の治療の為、水を0.5%の濃度の塩水にした。

いわゆる塩水浴である。

 

水の量に対する塩の量の計算を、

ネットで簡単にできるようにして下さってる人がたくさんいる。

 

ありがたや・・・。

 

淡水に住む魚でも0.2%程度の塩水で飼うと病気はぐっと少なくなる、らしい。

 

グーグルマップで見たら、みさと公園付近の江戸川から

東京湾までは10kmくらいしか離れていない。

 

この魚たちの住んでいた川は割と塩分が高いと思われる。

恒常的に塩水で飼育した方が、もしかしたら良いかもしれない。

 

「幸せ」は出来ないけど、快適には出来るかも

魚が病気になってから、やっと魚の生活環境に思いが至った。

 

病気になってからじゃ、遅い!と叱られるかもしれないが、

だって、わからなかったんだもーん!!

 

そんなやつに魚を飼う資格はなーい!と叱られるかもしれないが、

魚を飼って、魚の種類を知って、種類ごとに食べるものも

住むところも、快適な温度も違うってことを知った。

 

病気にしてしまったけど、

もしかしたら死なせてしまうかもしれないけど、

この魚たちとの関わりがなかったら

世界中の魚たちは私にとって、全部同じ魚、

つまり「魚類」でしかなかったと思う。

 

魚たちも狭い水槽に閉じ込められて可哀想だな、と私も思う。

 

魚の幸せ、ということを考えると、元いた場所に返してやるべきだろう。

だから、魚の幸せについては考えないことにした。

そもそも、「君を幸せにしたいんだ!」なんて思い上がりだ。

 

今日も生きててくれて、存在してくれて、ありがとう。

 

これからは、魚の快適さ、に着目してお世話して行くことになるだろう。

 

魚は快適だよ〜とは言ってくれないけれど、

不快だよー!って時には、すぐに病気になる。

人間も同じだな、と思った。