トカゲに会いたくて@高尾山

4歳の息子は最近ユーチューブで、昆虫やザリガニ、カナヘビなどを

捕獲する動画ばかり熱心にみている。

 

そして毎日のように、「明日カブトムシを採りに行きたい!」だの、

「トカゲを採りに行きたい!」と、のたまわっている。

 

トカゲでもバッタでもカエルでも何でも良いのである。

 

とにかく何か採りたいのである。

 

というわけで、高尾山に行ってみた。

 

何故高尾山かというと、25年くらい前に行った時に

登山口すぐのところにカナヘビが2匹おったな・・・

という、こうして書いてみると、あはは、なんじゃその理由は、

全く説得力ないじゃないか。

 

まあ電車で一本、一時間少しで着くからね。

 

息子と私、二人で虫取り網と虫カゴを持って

駅に向かいました。

 

30才前後の、ヒマで呑んだくれてた時期に

高尾山にはよく行った記憶がある。

 

でも、久しぶりに来た高尾山口駅は全く記憶とは違っていた。

 

なんか駅にでっかいヒサシがついてた。

 

駅前に日帰り温泉が出来ていた。

 

駅から数分のところにTAKAO MUSIUMなる建物が出来ていた。

 

そしてたくさんの登山客で賑わっていた。

 

↑これが高尾ミュージアム。入場無料で、トイレなど気軽に借りれる。

芝生広場にはじゃぶじゃぶ池があり、小さな子供たちが遊んでました。

 

息子は駅に着くなり、目の前を流れる川にすでにロックオンされてしまった。

 

川は背の高い木々に覆われて、鬱蒼として、カッコイイ・・・

木の高いところの葉っぱが橋のところまで伸びている。

そして、葉っぱにはバッタが止まっている!

 

 

まあ、取れるわけないのだが。

 

立ち尽くす息子よ・・・

 

川の横には田んぼと畑があって、そこのあぜ道を通らして貰えば

河原に入れないでもない。

 

 

フワフワした枯れ草に覆われてて、踏み込むと結構深い。

サンダルで来るんじゃなかったな。息子もサンダルである。

ここで、私は何とかバッタを1匹捕まえて面目躍如である。

息子はてんとう虫とカメムシを2匹捕りました。

すごく嬉しそう!

 

なんだかすごいジャンボなてんとう虫なんだけど・・・

 

自慢げに、行き交う人に虫が捕れた!と見せびらかす息子よ・・・

 

話のついでに、どっかでトカゲが見れないものかと

おばさま二人連れに聞いてみた。

 

登山口からちょっと登ったとこにいるんじゃない?

と言われたので、山の方に向かった。

 

まあでも、こんだけ人で賑わってる道で、

トカゲがひょっこり顔を出してくれるわけもなく、

生き物の気配もなかったので早々に退散してまた川に戻りました。

 

結局、トカゲには会えなかったんだけど、我々のすむコンクリートジャングルには

いない虫たちがたくさん見れて、川もキレイだったし大満足。

 

カタツムリもたくさんいた。

 

 

私は世田谷の育ちで、小さい頃はトカゲなど家でよく見かけたものだ。

へびなんかも家の周りにいた。

 

昔はたくさんいたんだよ・・・と子供に説明しながら、

トカゲの数ももちろん減っているんだろうけど、

昔だってトカゲが毎日出没してたわけじゃないよな・・・

それなりに珍しい存在だったわけで。

 

目撃するのはやっぱ年に数回程度だったのかもな。

 

週末にちょこっと出かけて、トカゲに会える確率はそりゃ低いわ。

などと思いました。