4月8日。今日から新学期です。

桜の花、舞い散る新学期

新・2年生の娘と、幼稚園の新・年中組の息子、

揃って今日から新学期です。

 

そして、娘の通う小学校は本日、入学式です。

 

あいにくの、雨の入学式になってしまいました。

 

おそらく、遠足や行事のたびに、

「この学年は雨男・雨女が多いから〜」と

ずっと言われ続けるのでしょうね!

(娘の幼稚園の入園式の日はみぞれが降ってた。)

一年前の、娘の入学式の思い出

 

朝、おとーちゃんと、昨年の娘の入学式の話をしてたら、

入学式に行った記憶がないと仰る。

 

一緒に行ったよ、と写真を見せようと思ったら、

入学式の写真だと思ってたのは、息子の入園式のやつでした。

 

とーちゃんのスマホにも娘の入学式の写真はなくて、

どうやら入学式の写真は一枚も撮ってないようなのです。

 

学校で撮った集合写真も買っていません。

 

ええー!じゃあ、おとーちゃんは入学式に出席してないのかな・・・?

そんなこと、あるかな?

 

自分の記憶まで曖昧になってきた。

 

娘の入学式では、新・2年生が合唱とピアニカの演奏と、

学校の紹介などをしてくれて、それが素晴らしい出来で、

うちの娘も来年は、あのようにしっかりとした二年生になれるのだろうか?

と期待と不安が入り混じった感じになったをよく憶えています。

 

おとーちゃんは、式の間、息子がじっと座ってられないので、

式次第の紙か何かに、ペンでお絵かきをして

遊んであげてたような。

 

式が終わって、教室に行って、担任の先生の話を聞いて、

教科書やらお道具箱やらをもらって、大変な大荷物でした。

 

この荷物を持ったのは当然おとーちゃんのはず。

 

下駄箱を出たとこで、娘は一人で帰る練習をする!と言うから、

大丈夫かな〜と思いつつ見送ったら、

学校出てすぐのセブンイレブンに早速入って行ったのだった・・・。

 

それで、とーちゃんが離れたところから尾行するように見守って、

あちこち寄り道して、結局えらい時間がかかって帰ってきました。

 

ああ、思い出した。

それで彼女は、新品の学帽をどっかで失くしてきたのだ。

 

大丈夫。

記録はなくても、記憶はあるから。

 

それにしても、写真、撮っておけばよかったな。

いつか、娘に怒られるかな。

ごめんね。

かーちゃんはちょっとだけ反省したので、このブログを書いてます。