レオ=レオニ『うさぎたちのにわ』、絵本感想

 

本日読んだのは、こちらの3冊。

 

 

『うさぎたちのにわ』 レオ=レオニ作 谷川俊太郎訳 、好学社 、1975年

 

『おぎょうぎのよいペンギンくん』 H・A・レイ絵 マーガレット・ワイズ・ブラウン文

ふくもとゆみこ訳、偕成社、2000年

 

『とびますよ』 内田麟太郎 文 にしむらあつこ 絵、アリス館、2018年

 

3冊とも、図書館で借りたものです。

 

あまり時間がないにも関わらず、優柔不断ゆえ借りる本がなかなか決まりませんでした。

 

そこで、「著名な作者の絵本」という縛りで目に付いたものを借りてきました。

 

『うさぎたちのにわ』 レオ=レオニ作 谷川俊太郎訳

 

 

言わずと知れたレオ=レオニ、言わずと知れた谷川俊太郎。

名作の匂いがプンプンします。

 

レオ=レオニさんの絵本は『あおくんときいろちゃん』しか読んだことがない私でも、

絵はいろんなところで見ている気がします。

 

グッズとかたくさんありますよねえ。

 

超メジャー、しかもおしゃれ。

私のもっとも触手の動かぬ分野なのですが、もちろん食わず嫌いでございます。

 

『うさぎたちのにわ』は、世界一美しい庭に住む2ひきのうさぎのお話です。

 

うさぎたちはいつでも好きな時に、好きなだけ、ニンジンを食べることが出来ました。

そして毎日、2匹で楽しく遊び暮らすことが許されていました。

 

ある日、年寄りうさぎは留守にする前に2匹のうさぎに言いました。

 

「ニンジンは好きなだけ食べていい。だが、りんごに手出しはしないこと」

 

もちろん、アダムとイブの失楽園のお話が彷彿されます。

そしてやっぱり蛇が出てきて、うさぎたちは蛇に促されてりんごを食べてしまいます。

 

うさぎは楽園を追放されるべきなのでしょうか?

 

蛇は、堕落へ誘う邪悪な生き物なのでしょうか?

 

年寄りうさぎは、約束を破ったうさぎたちに罰を与えるのでしょうか?

 

ところで、レオ=レオニさんは、オランダ生まれのユダヤ人で、大戦中にアメリカに亡命して

います。

そしてこの本が出版された1975年という時代の空気。

 

私は1974年生まれなので実際には知りませんが、ヒッピームーブメントが勃興し、ベトナム

戦争と共に終焉していった時代の空気感が色濃く反映されている、のかなあ、と一読して感想

を持ちました。

 

いや、もちろんそういう風に読むこともできるだろうけど、きっと違う。

 

レオ=レオニさんの絵本が時代を超えて愛され続けているのは、もっと普遍的な事柄について

描かれているからに違いないのです。

 

訳者の谷川俊太郎さんの言葉がココロに響きました。

 

魚や虫や小動物を愛するレオ=レオニは、もしかするとそれ以上に人間を

愛しているのではないでしょうか。この主人公たちは、自分たちの弱さ

を恥じもしないかわりに、自分たちの強さを誇りもしません。

そこに私は、作者の生き物に対する優しさを見ます。

 

絵本は素直なココロで読まにゃいけませんねえ・・・。

 

子供は、時代背景がなんとか〜なんて小賢しいこと、考えてません。

 

かわいいうさぎさんとヘビさんが仲良くなって、りんごはいつでもおいしくって。

 

それが生きる幸せというものなのだろう。

 

うさぎたちのにわ―りんごのすきなうさぎのはなし
レオ・レオニ
好学社
売り上げランキング: 371,534