子供、お腹が痛い、市販薬

熱海

先日の土曜日は熱海に行って来ました。今年最初で最後の海水浴です。道は結構な渋滞だったけど、昼前から夕方まで目一杯海を満喫し子供たちも嬉しそうでした。

娘が腹痛で寝込む

熱海のビーチはこじんまりしていて、ファミリー層に人気なんでしょうかね。ウォーターパークという海のアスレチックもあって、娘が遊びたいというので付き合いましたが思いの他過酷で度肝抜かれました。

ビーチ

そんな熱海の思い出をブログに書こうと思っていたら日曜の朝、娘は起き抜けにお腹が痛いと言いだしました。

この人は非常にしばしば、腹痛・嘔吐のセットでダウンします。

娘は車酔いがひどく、昨日も行き帰りとも何度か吐きました。それで胃が荒れちゃったのかな?プール、祭り、海と遊びが続いて疲れちゃったのかな?

お腹が痛くても食欲はあるようで、午前中に御茶漬けを少し食べました。それから断続的に眠って、午後は少しよくなるかと期待しましたが全然よくなりません。むしろ悪くなってるみたい。

「ウェーーー!」とか「アーーー!」みたいな悲鳴・叫び声がだんだん大きくなっていきます。お腹痛い時にそんな大声出るの?ってくらいに。

そばにいたところで何もしてあげられないのですが、離れると泣き声がひどくなるので横に座って子供の腹痛を検索。

お腹が痛くても下痢・発熱がないのでウイルス性胃腸炎とか細菌性胃腸炎とかではなさそう。やっぱり一番心配なのは盲腸です。

いつも盲腸かと疑う

前回5月の日曜日に同じような症状で寝込んだことがあって、その時も午後に症状が悪化して、娘が絶叫するからいたたまれなくなってタクシーで救急病院に行ったことがありました。

その時も盲腸かも?と疑って先生に聞いたら触診と聴診器だけで「その可能性はありませんね~」とさらっと言われて、整腸剤と吐気止めをもらって帰って来ました。

それを思っても今回も多分盲腸ではないと思う・・・とはいえわからないしすごく強く痛みを訴えられると動揺します。何か重大な病気だったらどうしよう。

一度冷静になって、娘の顔色を見て見ます。血色が良いし変な汗もかいてない。お腹痛いって言ってる割には全身がまっすぐに伸びてて、お腹をかばって「く」の字になったり、丸まって動かないということもないし。多分、大丈夫なやつだ・・・と判断しました。

子供が飲める市販薬もある

風邪をひいた時、大人だったら薬屋さんに行きますよね。それで子供が飲める市販薬があるのかと検索したら、胃薬は結構子供が飲めるものがあって「太田胃散A」と「新ビオフェルミンS」を買って来ました。二種類を同時に飲んじゃダメと薬剤師さんに言われたので、整腸剤は明日以降飲む用です。

薬

胃腸薬を飲んだら少しは落ち着いていたものの、次第に痛みが増してついに吐いてしまいました。吐瀉物は午前中に食べた御茶漬けと梅ねりでした・・・。買い物に行ってる間に梅ねりを食べていたようで、それが胃を刺激して腹痛がひどくなったのかな?

吐いたら楽になったようで、今度はお腹すいた~ご飯が食べたいようとうるさい。ここで食べさせたらまた腹痛が戻って来てしまう、と思いつつ、かわいそうで味噌汁にご飯を入れたのを少し食べさせたらやっぱりまた・・・ここはぐっと辛抱して我慢させないと余計かわいそうなことになりますね。

狼が来たぞー!

子供の体調が悪くなると、寝てれば治る大したことないとは思っても、あっという間に重篤化して死んじゃうかもという可能性は排除しきれません。救急病院に行く/行かないの判断はなかなか難しい。いつも狼少年の話を思ってしまう。そして狼に食べられてしまうことは何としても避けないといけないから、「狼が来た!」と子供が言うならばいつでも付き合ってあげよう!と思いました。

思ったこと

一日中子供に付き合って右往左往して、こんな風に自分も親に面倒見てもらって大きくなったんだろうなあと母のことを考えました。この間、母にバセドウ病と診断されたと話したらやっぱりすごく心配されました。まあ子供じゃなくても人の病気の心配はするが。母にとって、私はいつまでも子供のままなのだろうか。私が娘を心配に思う気持ちも、娘が大きくなってしまっても変わらないものなんだろうか?とりとめもなくそんなことを思った1日になりました。