ロマンス小杉・ヒートコットンケットがすごく暖かい

ヒートコットンケットなるものを買いました。

毛布みたいなものです。

寒さが身にしみる

 

今年こそは毛布を買うぞ!

 

確か去年もそんなことを思ったはず。

 

寝具はどの位の期間で買い換えるものなんでしょう?

シーツは2年前に4枚まとめて買った記憶があり、

それで今年はまだシーツは良いことになってます。

 

毛布はいつから使ってるんだろう?

4年くらい前かな?

もう憶えてないくらい前です。

 

2歳児で暖をとってるとはいえ、

俄然寒くなって限界を感じ、

失礼ながら夜中に、

布団の中からポチッとしてしまいました。

 

ヒートコットンケット

 

こちらの商品。

 

以前、通販生活のチラシを何となく見てて

「今年はこんなあったかい毛布が欲しいなあ〜」と

思ってました。

 

肌に触れる部分はコットン100%の柔らかさで、

それでいてウールやアクリルにも引けをとらない暖かさです。

 

その特長は、

 

➀睡眠中の体からでる湿気を吸って発熱する

 「ヒートコットン」を25%使用。

 

➁生地のシャーリングが暖かい空気を溜め込み、

 身体にフィットするから暖気を逃さない。

 

➂芯地は軽量の化繊を使用。すごく軽い。

 

老舗寝具メーカー・ロマンス小杉の商品です。

 

お値段は通販生活では、9,799円に送料が350円です。

アマゾンや楽天でも取り扱いがあって、

アマゾンだとプライム便で10,800円です。

 

いちまんえんの毛布

 

毛布にいちまんえんって、

私なぞ、高いな〜!って尻込みしちゃうのですが、

世間的にはどうなのでしょうか?

 

今まで使っていた毛布は、

ニッセンのマイクロファイバー毛布で、

3000円くらいのものです。

 

充分暖かいし、軽いし、品質粗悪って訳ではないです。

 

でも、このヒートコットンケットは

私的には異次元でした。

もっとも、いちまんえんの毛布が異次元体験なので、

単に、いちまんえんのクオリティとは

こういうものなのかもしれませんが。

 

本当に暖かくて、夜中には暑くなるほどポカポカ。

あったかいからよく眠れる。

あと肌触りがなんとも柔らかくて、

睡眠の質が底上げされた感じがします。

 

当初、迷ってた時には、

2千円の毛布が5枚買える、と考えたりもしたのですが、

2千円の毛布もいちまんえんのコットンケットも

最低5年は使うと思います。私なら。

 

で、その5年という時間を、

あったかくて気持ちいいなあ〜

って過ごすか、

2千円の毛布だし、冬は寒いしこんなもん!

と思って過ごすか。

 

死活問題ではないから、

どっちでも良いといえば良いのです。

 

でも、ケチケチしないで

いちまんえん払って良かった!

大正解!と納得した買い物になりました。

 

ロマンス小杉

 

ところで、寝具メーカーのロマンス小杉さんは

グーグル検索では、京都ロマンス小杉と表記されているから

私は、京都からコットンケットがやって来た

と思っていたのですが、

 

なんと!

幼稚園の行き帰りに通る道にありました!

毎日、前を通っているのに気がつかないものですねえ。

 

ロマンス小杉さんの毛布を買って、

初めて認識しました。

 

いつもそこに「ある」のに、

自分が気がついてないと、「ない」ことにしてしまう・・・

 

その話とは違うけど。