かわいいね❤️を分かち合う

朝、娘と話したことなど。

 

 

ツイッターでフォローしてるアカウントで、

かわいい小動物の写真を頻繁に

リツイートする人がいます。

 

私自身は小動物に癒されたいとは

特に思っていないのですが、

まあ、かわいい。

 

娘が近くにいたので、

「かわいい写真あるよ〜」と見せてあげました。

 

そしたら、

「かわいいーーー!ハートのマーク、押していい?」

と言って、ぽちっといいね!をしました。

 

誰かのかわいい❤️と思う気持ちが、

娘のとこまで届いた瞬間って感じ。

 

素直な彼女は

「ほんとかわいいねー❤️」と

素直にハートマークを相手に送りました。

 

人間のコミュニケーションって、こういうものだったよなあ。

 

相手の顔が見えないネットだからって、

誰の思いもないわけじゃない。

 

娘は、双方向コミュニケーション・ネイティブだな。

 

私など、最近デジタル化した人間は

顔が見えない相手のことを、

いないものと考えてしまっている節があります。

 

そのくせ、知らない人からいいね!が送られて来たり、

フォローされたりすれば普通にうれしいという・・・。

 

そういう素直に心をひらけない自分の姿が

ネット上のコミュニケーションにも反映されてしまって、

これが社会の縮図なのだと痛感します。

 

ネット上には、いろんな人がいます。

 

その中には、怖い人も悪い人もいて、

嫌な思いをすることもあるかもしれない。

 

でも、思いを共有できるお友達がたくさんいる

広い世界でもあります。

 

安易に、SNSやツイッターの使用を

子供に勧めるべきではないかもしれないけど、

人と人とのコミュニケーションの基本を学んだ上で

臆することなくネットの社会に飛び込んでほしいものだ、

と思いました。