「39/86」あなたならどう読む?

11月19日は

うちのおとーちゃんの誕生日です。

今年で50歳になりました。

半世紀を生き抜いて来た男、

という称号を勝手に授けさせていただきます。

プレゼントを買いに

 

毎年プレゼントを用意したり

ケーキを買って来たり、

どっかにお食事に行ったりということは

特にしないのですが、

今年は前もってプレゼントを買いに行って来ました。

 

日常的に着ている白いワイシャツが

大分やれて着たので

新しいワイシャツをプレゼントしようと思い立ったからです。

 

いつものワイシャツはスーツカンパニーのやつです。

サイズはS、M、Lよりはもう少し小刻みにあります。

旦那のワイシャツのサイズは

「39/86」

というタグが付いてました。

 

出掛けにさっと見て

忘れないように歩きながら

語呂合わせを考えました。

39/86

 

サンキュー、ヤローというのが

もっとも自然な語呂合わせではないでしょうか?

で、これを漢字に直すと

三級野郎・・・。

 

自分の旦那にプレゼントを買うのに、

「三級野郎にはこの白シャツで十分だろ、ほらよ」

みたいなイメージでこれはいただけません。

 

それで思ったのは

thank you / Hello!

というもの。

 

「いつもありがとう」という意味と、

誕生日はこの世に「Hello!」と産まれた日だ、

という意味でもあります。

 

誕生という「Hello!」がなかったら

出会っていないのだから、

これはまさに

「この日に産まれて来てくれてありがとう!」

という誕生日にふさわしい語呂合わせだな・・・

としみじみしてしまいました。

祝福できることこそ素晴らしい

 

もしも旦那が、

いつも不機嫌で、

家のことや子供のことを何も考えてくれなくて、

自分勝手で威張ってて

お酒ばっかり飲んでて

全然かっこよくなかったら、

 

私だって

「けっ。シャツのサイズまで三級野郎だって言ってるよ。

お似合いだぜ!」

とか心の中でせせら笑って

 

この語呂合わせサイコーとか思って

ツイッターかなんかに投稿する主婦になってしまうかもしれません。

 

「あらやだ。うちの旦那は三級野郎じゃないのよ。」

って素直に思えるのは、

 

おとーちゃんが

いつもお家のことや子供のことを考えてくれてて、

お仕事も一生懸命取り組んでて、

身なりも小ぎれいにしてくれているからです。

 

まあでも、面と向かって

産まれて来てくれてありがとう・・・なんて

言えねえなあ。

そういうの不得意。