【宣言】娘の英語の課題曲を11月中に応募します!

娘がお手紙をくれました。

「おかあちゃんとあんまりあそべない(😭 )」

「おかあちゃんだいすき」

と解読しました。

 

お母ちゃんと遊びたいなら、

遊ぶ時間を自分で作ってくださいね。

とマジレスしておきました。

娘と過ごす時間、今と昔

 

娘が年少の頃にはまだ、

家に帰ってテレビやDVDを見せる前に

何かお勉強でもさせないと!と

意気込んでいました。

 

年少の頃は、

ひらがなが読めたり書けたり、

足し算ができたりすると

他の子よりすごい!って思っていました。

 

でも幼稚園で子供たちを見ていたら、

年中まで字が読めなかった子も

ある月齢になるといとも簡単に文字を覚え、

書くようになります。

 

オムツのトレーニングと一緒で、

文字を読むのも、足し算・引き算も、

ある月齢までは練習してもなかなかできないけど、

理解できる月齢に達した時に

一気にできるようになるみたいです。

 

先回りして無理めなことにチャレンジすることは

決して無駄ではないと思うのですが、

子供にわからないことを教える、やらせるというのは

すごい労力のいることで、

熱心な親御さんは本当にすごいなあ・・・

と感心してしまいます。

 

私などにはとてもとても無理でございました。

 

最近はテレビばかり見てても

口うるさく言わなくなりましたが、

これで良いのだろうか?という

わだかまりが消えたわけではありません。

 

もっといろんな経験を幼稚園のうちにさせてあげたい、

とか

もっと一緒に遊んであげないと、

とか

思いながらもいたづらに時は過ぎていき、

気がつけば、幼稚園時代はもうあと半年もありません。

幼稚園のうちにこれだけは

 

2歳半の頃に始めた英語の家庭学習。

ディズニーのワールドイングリッシュというやつです。

 

娘は英語にとっても興味を持っていて、

そのサンプルCDをずっと聴き続けていたので、

英語は小さいうちにやる意味があると思って

購入を決めました。

 

英語の課題曲を憶えて、

歌って録音してメールで送るという検定があって、

目下、3曲の課題曲のうちの最後の1曲をパスすれば、

ライトブルーの帽子をもらえるのですが、

それが結構難しくて、

夏前には夏休み中には応募したいと思っていたのに、

いつの間にかもう季節は冬。

 

さすがに幼稚園のうちに、

という思いが頭をもたげ、

ついによし、今月中にやるぞ!

と今日、決意しました!

 

 

自らを奮い立たせるためにも、

このような貼り紙を作りました。

 

大抵の幼稚園児は、英語を読めません。

歌を覚えるのは耳だけが頼り。

 

この “my little car ”という曲は

2分くらいあって、歌詞も結構たくさんあります。

 

大人の私は歌詞カードを見ながら歌えば良いのですが、

娘は英語を見ても読めないから、

絵に書いてそれを見ながら、

歌詞を思い出しつつ歌います。

 

途中で集中力が途切れて、

だいたいそこで録音は終了。

 

何回もやってるうちに完全に飽きてしまい、

また後日一からやり直し・・・の繰り返しです。

 

それでも今日は久しぶりに歌ってみて、

完成度は8割くらいでした。

 

今月中にはなんとかしたい!

 

娘のためにも、自分のためにも。

 

達成できたって事実は

絶対にこれからの色んなことの励みになると思います!

 

明日も頑張ろう!