『トムとジェリー』台湾語バージョンを見た子供の感想

昨日、幼稚園から帰った娘が、

「ねー、これ見てもいい?」と出して来たDVD。

『トムとジェリー』の台湾バージョンです。

先日亡くなったおじいちゃんの、

奥様の妹さんが、

うちの娘にくれました。

 

何枚か台湾語のDVDをいただいたのですが、

音声が英語で、字幕が台湾語なので

見ないかな?と思ってしまってあったのです。

 

2歳児と一緒に見出したら

何故か2人ともミョーにハマってしまったらしく、

大爆笑しながら見てました。

 

夕ご飯の時に、

「どんなお話だったの?」

と聞いたら、2歳児が説明してくれました。

 

「へんなネコちゃんが

 ダダダーってはしって、

 ネズミさんがはしって、

 ドターンってなるの!!」

 

お姉ちゃんに、

そういう話であってる?って聞いたら、

「うん!そうだよ!」

と得意顔で答えてくれました。

 

夕食後、また見るというから

8時半まで許可しました。

ちらっとのぞいたら、

確かに

ネコとネズミがはしっているばかりでした。