「断捨離」についての記事がやましたひでこさんのブログで紹介されました。

我が家の「断捨離ブログ」が

やましたひでこさんご本人の

ブログにて紹介されてしまいました。

おとーちゃんからライン

 

PTAの部会に出席していたら、

おとーちゃんからラインが来ました。

 

 

ええーーー?

 

うわーほんとだー!

 

びっくりーーー!

 

 

「夫婦でどんどん捨ててる」と、

担当編集者の方に

言われちゃってます・・・。

 

はい、その通りです。

インターネットで公開するってこういうことか

 

毎日、

子供の世話に明け暮れてて、

でも子供は話し相手にはなってくれないし、

私の考えてることなんて、話したって

誰も聞いてくれないじゃないか!

という欲求不満から、

約一年前にブログを始めました。

 

自分のブログを、

誰が読んでくれるわけでもないと思いつつ、

読者を想定しながら

日々思ったことを綴るのは、

本当に楽しくて、

たまにフェイスブック経由で

コメントもらったりすると

それだけでも励みに感じます。

 

でも、こうやって

読んだ本の感想を書いて、

それが著者ご本人のところまで届いて、

さらに反応を返してくれる、という経験は

今までにないし、これから先も、

多分滅多にないことです。

 

インターネットすごいな、というのが

正直な感想です。

 

全く独り言のようにこっそりやってたブログが

急に白日の元に晒されたようで、

恥ずかしい・・・。

 

コミュニケーションとは

 

やましたひでこさんも、また

自分の思いが、

沢山の人に届くことを願って

『人生を変える断捨離』を書き上げたのだと

想像します。

 

もちろん、

すごい影響力を持った方だし、

実際沢山の人にすでに届いていると思います。

 

それでも、

顔も知らない誰かが

自分の発したメッセージを受け取って、

日々の暮らしの中で実践している

ことを伺い知るのは、

嬉しいことなのだろうなあと思いました。

 

やましたひでこさんは

私から見れば、

功成り名遂げた有名人だけど、

一方で、私たちと同じように

普通に生活もしていて、

今も日常の様々な事柄について

思索をされている。

 

この機会に、

やましたさんのブログを読んでみて、

日常の会話や出来事から

色んなことを考えて、

そして最終的には「断捨離」の思想に

いつも行き着いてしまう方なんだなと感じました。

 

それだけ常に「断捨離」のことを

真剣に、情熱的に思い続けられるのは

すごいことです。

 

伊達や酔狂じゃなく、

真剣にメッセージを発しているから、

ちゃんと届いてることがわかると

きっと嬉しいんだろうな。

 

コミュニケーションって、

対面でも、対面じゃなくても

そういうことですよね。