4月から再スタート

娘ちゃんの小学校入学と

息子ちゃんの幼稚園入園が重なって、

この一週間、本当に忙しかった!

入学式の思い出

 

娘の入学式が4月6日の金曜日。

 

天気は快晴。

 

桜はもう散っていたけど、

色んなお花が咲いていて

春らしい良い日でした。

 

学校は幼稚園と同じ敷地にあるものの、

一人で行き来することはなかったので、

入学式の帰りに独りで帰る

練習をすることにしました。

 

学校出て、少し行ったコンビニのところから

「じゃあね」と行って別れると

すぐに家とは真逆の方向に向かって歩き始める娘。

 

家に帰る道がわからないわけではなく、

初めて手にした自由を謳歌している・・・

といえば聞こえは良いけど、

 

こらこらこらーーー!!

 

結局、この日どっかで

制帽を無くしてしまったらしく、

そして、帽子のないことに

全く気付かず週末を過ごし、

月曜の朝に帽子がない!

と大騒ぎになりました。

 

近所の、今年小学校を卒業した子の

帽子を借りることが出来て

事なきを得たけど、

未だ帽子は出て来ません(泣)。。。

入園式の思い出

 

息子の入園式は10日の火曜日。

 

お姉ちゃんにくっついて、

3年間通い慣れた道だから

不安も緊張もない様子。

 

式では、子供たちと保護者は別々に座りましたが、

泣き出す子もいる中、

ボケーっと座っていることが出来て

ホッとしました。

 

幼稚園の年中さんと年長さんも出席して、

歌を歌ってくれました。

 

今の年中さんは、娘が年長の時に

年少に入って来た子供たちで、

本当にヒヨコみたいに

小さかった姿を見ているから、

 

「あの子たちがこんなに立派に

歌を歌うようになったんだ〜」

 

と感動してしまいました。

 

来年は、うちの息子も

こんな風に年下の子の為に

歌を歌ってあげるわけです。

 

そして、来年の入園式で歌う姿は、

私は見ることは出来ない。

 

私の知らないところで

どんどん成長していくんだな・・・

 

箱に入れて育てるわけにはいかないから

当たり前のことなんだけど、

一抹の寂しさと、

同時に頼もしさを感じました。

 

入園式は余裕でしたが、

次の日の初登園の時は

保育室に入りたくなくて、

泣いちゃいました。

 

お姉ちゃんの入園の時は、

非常にあっさりと、なんならルンルンと、

登園して行ったから、

姉弟でもだいぶ違うものですね。

 

息子にとって、お姉ちゃんのいない世界は

初めてかもしれません。

それを思うと、不安なのもわかる!

 

頑張って欲しいものです。

私はPTAをやることにした

 

子供達の入学・入園が終わると

次は保護者会です。

 

毎年、PTAの役員決めは、

「今年のクラス、紛糾しないといいなあ」

という感じじゃないでしょうか?

 

娘の小学校は、入学前の説明会の時に

PTAの役員を出来るかどうかの用紙が配られていて、

娘のクラスは8名の枠に10名の応募があり、

なんの問題もなく決まりました。

 

私は娘の幼稚園生活の3年間、

なんの手伝いもしなかったので、

幼稚園の年少で役員をやろう!

と思ってました。

 

年少の役員は一番楽だから、

手をあげる人が結構いるかな?

と思っていたら、4人の枠に2人だけで。

 

あっけなく決まってしまいました。

 

その後、やってもいいよお〜という方が

2人現れて、役員選出は平和裡に収束しました。

 

なんかの代表、みたいなの生まれて初めてなので

緊張してます。

 

娘の幼稚園時代のイベントには

ほとんど関われなかったので、

たくさん行事に参加して、

息子やお友達との思い出を

たくさん作れると良いな、と考えております。